16時間目 学校の1年の始まり-「校則」と「時間割」

2016年1月18日

今気づいたんですが、今日は1日ずっと扇風機を使っていない!ナミビアは南半球なので日本と季節は逆です。少しずつ夏が終わりに向かっているのかなと感じる今日この頃。秋らしさというのはどこにもないのですがね。本日は朝も心地よく涼しい気温で、清々しい気持ちで新しい1週間がスタートしました。
ということで、今日から新しく着任された3人の先生も交えていよいよナミビアの学校の一年間が本格的に始動!朝会では子どもたちに学校生活のルールを一つ一つしっかりと指導する場面がありました。髪型(男女関係なくみんな坊主)の注意や制服の着用、放課後学習の義務や手洗いの指導など、かなり細かく伝えていたなという印象です。ただ細かい分だけ時間はかかり、その間ずっと子どもたちは起立したままなので、まぁ疲れ(つかれ)も少し見せてました。それでも返事はしっかりとするブンヤセカンダリースクールの子どもたちです。
朝会が終わるといよいよ待ちに待った時間割(タイムスケジュール)の配布です!子どもたちはさほど気にしていないみたいでしたが、それ以上に教師たちの方が興味津々(きょうみしんしん)!!セキュレタリー(事務職員)さんが一人一人のタイムスケジュールを印刷して教員たちに配布。これがその場で渡されたものを見て初めて自身が今年の受け持つ学年や教科を知るというなんともサプライズ感満載の発表なんです!…まぁサプライズと表現すると楽しそうな感じがしますが、実際は苦情が殺到(さっとう)。学年によって指導内容が難しくなったり、人によって得意、不得意教科があるのは当然なので、さっそくタイムスケジュールを作成した先生のところに群がる教員たち。これは無理だ!変えてくれ!!なんでこうなったんだ!!?…いろいろご意見が集まってたそうな。この意見を完全に無視するわけにはいかないので、時間割はまだ確定はしません。早く決めないと子どもたちの学習が…なんて思う自分はまだアフリカの先生としては未熟なのかもしれません。急がず焦らずです!
そしてこれが私の今年のタイムスケジュール!もう嬉しさ(うれしさ)しかなかったです。苦情なんかこれっぽっちもありません。だって、自分のタイムスケジュールがもらえたんです!上に自分の名前が載って(のって)るんです!!やる気が漲って(みなぎって)きました。受け持ちは去年に引き続きグレード5と6(日本の小学5、6年レベル。詳しくは後日)のNatural science and health education(理科)、そして今年から新たにグレード6のMathematics(算数)を担当することになりました。それともう一つ謎(なぞ)の教科が。「BIS」…なんだ?…Bisiness…ビジネス?ビジネスのビの字もわからない自分が教えられるわけないぞ!?と思ってたら、Basic information scienceの略だそうです。で、何を教えるのか。同僚(どうりょう)に聞いてみましたが、図書館がどうのこうのとあやふやな回答でごまかされました。…自分で調べるしかないなと。BISはグレード5〜7の担当。ということで教科は3つ、学年は3学年、授業時数は週33時間。かなり忙しくなりそうですが、ようやくエンジンかかりそうです。楽しみだ!
で、さっそく今日から授業スタート!は厳しいのでまずはアイスブレイクもかねて初めて教室におじゃましてきました。今日はグレード5の2クラスだけ。「グレード5」というのはナミビアの学校教育ではかなりのポイントとなる学年の1つで、それに関しても後日ご説明したいと思います。

初めて教室に入って子どもたちと対面する気分というのはやはり何度経験しても新鮮(しんせん)です。この緊張感は独特。お互いに牽制(けんせい)し合って相手の出方を探ります。ナミビアではこっち1人に対して子どもたちは約60名。日本の学校の倍です。1対60。しかも自分は日本人。完全なるアウェイです。が、やることは一つ!飾らずぶつかっていくだけです。現地語で自己紹介!笑われても気にしません。現地語は当然子どもたちにはかないません。私にもできないことがある!みんなと同じだよ!というのを伝えると心の距離は一気に近くなる気がします。そしてそうこうしてるうちに少しずつ、数名の子どもたちの表情が柔らかくなってくる、この瞬間が嬉しいものです。自分の現地語の発音を直そうとしてくれる一生懸命な姿に思わず笑みがこぼれます。がんばろーね、1年間!よろしくお願いします!という気持ちになりました。

今日は軽くさらっと自己紹介をして、子どもたちの名前を聞いておしまい。ビックリしたのは学校から子どもたちにノートとペン、定規が無料で配布されてたことです。やるな、ナミビア!と感心させられてしまいました。新しいノートを大事そうに、重そうに持って帰る子どもたちの姿がありました。
家に帰ってさっそく授業のための指導案作成スタート。…でしたが、眠い。なぜだ。…たった2時間しか授業に入ってないのにこの疲労(ひろう)。パワーをもってかれたんだなと。長期休みボケもあります。…まずは気合いで乗り切るしかない!今週は学級開きに力を入れて、来週からの教科指導スタートに向けての授業準備をすすめたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。